mv

大学生時代に大阪で日払いバイトをしていた体験談

大阪で日払いバイトをするって一体どんな感じなんでしょう。体験談をここにまとめてみました。どうぞご覧ください。

大学生時代に、大阪で日払いバイトをしていた時期がありました。日払いバイトというのは働いたその日のうちに給料がもらえる仕事です。登録制の派遣会社に登録すると単発や短期の仕事を紹介してもらう事ができます。働いた後にすぐにお金がもらえるのが日払いバイトの良いところです。

私が登録制の派遣会社に登録した時期が春先の引っ越しシーズンだったので、その時は主に引っ越しのバイトをしていました。体力には自信がありましたので自分でもなんとかやれるだろうと思い、未経験でしたが働いてみることにしました。

仕事の一日の流れは派遣会社から指定された引っ越し現場に向かい、先方の引っ越し業者の人と合流して作業を手伝います。一軒で終わることもあれば一日に二軒まわる事もありました。引っ越しの前の荷積み作業、引っ越し先への荷降ろし作業をスピーディーに行わなければなりませんでした。次のお客さんが決まっている為、ある程度決められた時間までに作業を終らせる必要があるからです。

作業自体は荷物を運ぶ肉体労働なので体力のない人にはあまり向いていない仕事だと思いました。特に重たい家具などを運ぶ時はもの凄く力を使いますので結構大変です。お客さんの家具や荷物に傷をつけないように注意しながら運ぶので、それなりに神経も使う仕事でした。大阪の人は言葉がきついとも言われていますから内心ドキドキしていました。慣れない頃は毎回筋肉痛もひどかったのを覚えています。慣れてくると仕事の流れが分かってくるので、作業自体もやりやすくなりました。重い物を運ぶコツも自然に覚えてくるので、肉体をそこまで酷使する事も少なくなりました。どんな仕事も慣れるまでが大変だと思います。

引っ越し作業は体力を使う肉体労働なので大変な事もたくさんありましたが、日払いで給料がもらえるので頑張る事ができました。頑張って働いた給料がすぐに手元にもらえるというのでモチベーションを上げる事ができました。そういう意味では日払いバイトはお金の大切さを学ぶ事もできますし、良い人生経験になると思います。